子供に関する保険プランエピソード

子供に十分な教育の場を与えてあげる事は・・・[男性 63歳]

子供に関する保険プランエピソード
子供に十分な教育の場を与えてあげる事は、親として最も重要な責務だと思います。
しかし、サラリーマンの私が出せる教育費は限られています。そこで少しずつ貯蓄していく事で補おうとするのですが、学資保険のプラン選びで一つだけ大きく悩むべき点がありました。
それは、現在の日本の教育に関する状況にも関っている事です。

当初は、大学に進学、卒業までの期間、学資金が用意できればいいと考えていました。
この考えは、私の学生時代の経験から、最もお金が掛かるのは大学時代だからです。

しかし時代は変わって、幼稚園、小学校、中学校と、低年齢の頃より、教育に熱心になるお宅が増え、それに比例して教育費も掛かるようになりました。
それだけに、大学に対する準備だけでいいのか、息子が中学や高校に対し明確な意思と夢を持っていた場合、それに応えてあげるだけのお金を用意してあげる必要があるのではと考えたのです。

加入前にどちらにするか本当に迷いましたが、悩み抜いて出した結論は、中学、高校、大学進学それぞれで学資金が下りるプランの選択でした。
未来は誰にも分からないだけに、一時期だけに絞った準備ではなく、息子の進学という節目ごとに準備してあげるべきだと考え、こちらのプランに加入する事にしたのです。

関連記事・情報

Copyright (C)2017子供に関する保険プランエピソード.All rights reserved.