子供に関する保険プランエピソード

子供が小さい時は学資保険を少しですが、こつこつと貯めていました・・・[男性 55歳]

子供に関する保険プランエピソード
子供が小さい時は学資保険を少しですが、こつこつと貯めていました。
小学校、中学校高校と進んでいく間で、高校の入学にかなりおろしてしまいました。
大学入学までにまた貯めないといけないと、ちょっと重たい気分になっていた時に、母から学資金を積み立て保険にしてくれると話が出ました。

新しい制度で祖母から孫に学資金としてお金を与えても、正式に届けていれば贈与税がかからない制度が出来たのです。

ただし使えるのは、学資に関してだけの制約はありますが、今から学資保険を積み立てるのに頭を痛めていた私にとって救いの神でした。
母に甘えて申し訳ないと思っていますが、心の中では感謝感激でした。

大学入学までの間に新たに学資保険を作ることが出来ました。
孫である娘も、おばあちゃんに「ありがとう」と言って来ると感謝していました。
新しい制度はタイミング的にとても良かったです。
私にとってこれが一番のエピソードでした。

Copyright (C)2017子供に関する保険プランエピソード.All rights reserved.